2008年06月14日

波動上昇と調整




コレはOK!

45695569.jpg

コチラは中古で!
http://www.amazon.co.jp/%E8%B6%B3%E7%AB%8B%E8%82%B2%E6%9C%97%E3%81%A8%E8%AA%9E%E3%82%8B%E2%80%95%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%96%87%E5%8C%96%E3%81%AE%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%A1-%E6%A3%AE-%E7%9C%9E%E7%94%B1%E7%BE%8E/dp/4569556981/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1213409304&sr=1-1



本からだけでなく、私なりに思ったことです。

オーラが見える、霊的な力がある、ヒーリングパワーがある、気功が使える。

こういった方々を見ていて、
体調をときに崩されることが多い。

で、
どうやら大きく3つあるようだと感じています。

1、相手から邪気というかネガティブなエネルギーを受けてしまう

2、能力を使っていて、一休みの時、あるいはオーバーヒート

3、波動上昇というか、役割の拡大にともなっての調整



で、
3、波動上昇というか、役割の拡大にともなっての調整

について思っていることです。



『足立育朗と語る』
を読んで欲しいのですが・・・(マサカのブン投げ〜〜)

私は信じてますが、信じなくていいよの話。

というか
この理論を簡単に縮めて書ける筆力があるわけではなく。

一応の要約をしますが、原典を読んでください。

地球には(地球の文化圏には)
元素が1032種類ある。
(もっと高い文化の惑星等では、元素の数が多い)

人間の髄液にはその1032種類の情報が詰っている。(199ページ)

役割の拡大が起こると、髄液の情報を通じて、体が構造変換する。
例えばチャクラがあくとかです。

それが起こるときに、痛みや苦痛まで生じたりする。



そんなわけで、多くの方を癒したりしている方は、
時折りの体調不良などがあるようです。
(痛み、下痢、発疹、カゼのような感じ、頭が張る、などなど)



信じなくていいよの話でした。

毎度ありがとうございます。

メインブログ
http://a-nanda358.seesaa.net/article/100467287.html


ブログランキング応援してくださる方は、
この下の絵をクリック

人気ブログランキングへ
タグ:足立育朗
posted by 気功整体士津原明宏 at 11:24 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100478978

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。