2008年04月04日

パワーか、フォースか(人間のレベルを測る科学)



あーなんだです。

この本は
アセンション
とかの話にも通じます。

いろんなものの
 波動値の本です。

人間も、499がニュートン、アインシュタインとか・・
会社、宗教、
また
いろんな商品など
 にも応用可能です。



さていろんなものの、波動値の測定方法です。

IMG_4902.JPG

IMG_4903.JPG

こういった表と、
フーチがあれば簡単です。

が、
お持ちでない場合、



のなかで、
矢山先生と五日市さんがやっている方法。
キネシオロジーで肩関節でやってます。

またはOリングで行なえます。


例えば、Aという商品。

『Aの波動値は、500以上・・・』

その後、

『Aの波動値は、700以下・・・』

とかでその範囲を狭めていけばいいわけです。

関連した私のブログ
http://fusigi358.seesaa.net/article/84663545.html

これを数学でいう、
 不等号 > <
でやっていくわけです。



なんでも数字で計りたいっ!

ってのが、もう病気ではありますが、
非常に
面白い本ではあります。

波動好きなら
読んだほうがいいかもしれません。

さて
それと
この本が書かれた頃は、
お釈迦様やイエスキリストの
1000レベル
が最高でした。


今は地球の周波数の関係か、
数値が跳ね上がり、
正直
測定不能です。

また500レベル以上で計られたものは、(本の中)
今は、
ものすごく(等比級数)
で上がってしまっています。

499以下は
本の記述どおりです。

例えば、言葉の
怒りは150、罪悪感30
などはそのまま。

喜びの540などは、
もっともっと上の
波動値で測定されます。



ま〜、
読んで見て良い本だと思いますが・・・

ありがとうございました。

ブログランキング応援してくださる方は、
この下の絵をクリック

人気ブログランキングへ

posted by 気功整体士津原明宏 at 17:14 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92230985

この記事へのトラックバック

パワーか、フォースか
Excerpt: デヴィッド・R・ホーキンス著「パワーか、フォースか」 かなり読み込んでいて、私に...
Weblog: 個人が豊かになる時代 〜 小林佑輔blog
Tracked: 2008-12-01 21:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。